お城でごはん

a0010481_161250.jpg
帰国される方の送別会があった。
シャトーレストランときいて、鬱蒼とした森のなかでしずしずと料理が運ばれてくるようなイメージだったが、ブラッセルの郊外の道沿いにはいると、いきなり建物が見えてくる。外のテーブルでアペリティフを楽しんでから、ランチ。細長い一室で円卓を囲む。クレソンのスープも子牛のマスタードソースも、くせのない味で食べやすかった。ときどき「おかわり」の給仕に来るけれど、もともとの量が多いのにと、<食>の潤沢さをおもう。食事を楽しむことがこちらでは老人の生きがいだともいうが・・。
結婚パーティーによく使われるとのことで、ベルギーにはほかにも古城のレストランやホテルが多いようだ。
[PR]
by skyblue_2 | 2004-06-04 16:14 | 観光あちこち記
<< 国旗を飾る日 初めて、はレコード >>