危機管理とは

緊急情報メール
トラバさせていただきます。
aradasさんの疑問に共感。

私もさっそく、ベルギー日本大使館のサイトにとんでみました。こちらではメールサービスのようなものはないようでした。
アメリカと欧州の状況の違いもあるのかもしれませんが、外務省の海外安全情報にリンクをはっていることを考えると、在ベルギー邦人むけの独自の情報サービスがあってもいいように思いました。
欧州では、ネオナチや極右による人種排斥の動きが存在しますし、日本人自体が必ずしも友好的に見られているわけでもなく、ここブラッセルの郊外でさえ、すでに何回か個人的にイヤな目に遭っているというのが実情。
異邦人としては、オープンマインドで友好に努めることは大切でしょうが、テロのターゲットというような国家的レベルはもちろんのこと、個人の自覚を促すようなちょっとした安全情報も知りたいものだと思います。
(こちらのTVの日本語衛星放送<JSTV>では、NHKの国際放送「海外安全情報」というのがスポットで流れています。ここでは、四月のヒトラーの誕生日前後は街歩きに十分注意を、というヨーロッパ情報を知り得たりするわけです)

出国前の会社の渡航説明会で記憶に残っているのは、「自分は外国に今居る
のだという意識を忘れずに」。
これはあたりまえのようでいて、奥が深いことではないでしょうか。
そしてそのためにも、個人では限界のある危機管理情報がほしいと切実に感じるのです。
[PR]
by skyblue_2 | 2004-05-31 06:24
<< 初めて、はレコード 「わたしのたまねぎ」 >>