タグ:食 ( 21 ) タグの人気記事

ほろほろ

a0010481_20561555.jpg
WEINLESEで余市ワイン。ニッカの工場ではもちろんウイスキー。
夏のいつもの北帰行で、涼やかに酔って参りました。
試飲してみて、味や香りの違いに少しだけ気がつくと、じゅうぶんシアワセです。
a0010481_2101165.jpg
[PR]
by skyblue_2 | 2010-08-16 21:30 | 観光あちこち記

ひととき

a0010481_20435741.jpg
ショコ・レ<MILK>を味わった日♪
牛乳の量にもよると思いますが、飲みやすいショコラ加減でした。
シナモンパウダーをササッとかウィスキーをほんのりとか、さらにうれしいかもしれません。

カップの中でぐるぐるチョコを溶かす数分。ふと思い出す笑顔があったりします。
[PR]
by skyblue_2 | 2009-02-05 21:16 | ベルギーのチョコレート

忘れたくないのに

NHK・BSでブラッセルの旅番組を観ました。グランプラスが映って、石畳一枚さえいとしいぃという気分になったかと思えば、えっ…こんな通りがあったの?行っとけばよかった(絶句)という感じで、若干二名、騒々しく画面にはりついていました。

で、なつかしつながりでPCのベルギー写真をポチポチしていて、ちょっと愕然。いったいこれどんな味だったっけというお皿の数がハンパじゃない。
たとえば少々塩が効いたレストランでいただいたはずのこれは、写真の順番からみると前菜でもスープでもないのですが。
a0010481_19155851.jpg
この黄色い球体はなにもの??すっかり記憶のかなたです。
赤いつぶつぶのほうは…ケーキやデザートにもよく添えられていた、酸っぱくてちっちゃなベリーかなあ。
偶然今日、スーパーでみつけた!と思いきや残念、こちらは新種のトマトだそうです。さくらんぼと並べてみました。プチプチプチトマト。
a0010481_2012994.jpg

[PR]
by skyblue_2 | 2008-06-27 20:20 | デイリーライフ

スイカ

今日はパリへ。credenzaさんご紹介のオペラ座の蜂蜜には残念ながらお目にかかれませんでしたが、シャガールの天井画をじっくり見てくることができました。お昼にアールヌーボーなビストロLe Petit Zincで、<スイカとメロンのガスパッチョ>にトライ。やさしい甘さとひんやり具合でホッとするひととき。二種類のガスパッチョがそれぞれ器にナミナミなのはちょっぴりこたえましたが。パリも暑くて、メトロでもみなさんげんなり顔でした。どこへ行っても冷房がないというのが、やっぱり消耗のもとになります。

スイカといえば先日、近くのレストランでこんな一品も。
a0010481_435381.jpg

夏らしくて元気が出る、スイカの赤です。
[PR]
by skyblue_2 | 2006-07-26 04:42 | デイリーライフ

舌のご機嫌

先日でかける機会があったレストランは、星付きの名店といわれている某。アールヌーボーの内装も見事です。
a0010481_23494031.jpg

私は巨赤芽球性貧血という得体の知れない貧血のせいで味覚がヘンテコになった時期があるのですが、コーヒーは泥水のよう(飲んだことないが)、味も平板になってしまってとにかく食べ物がおいしくない、、、どうして最近こんななのと気づいた時に対処しておけば入院しなくて済んだかもしれないのでした。考えてみれば、そもそもどんな病気になっても味覚はどうしても衰えるのでしょう。普段でも、ちょっと疲れてくると、いつもの味が妙にしょっぱく感じたり。さらにはその時の気分によっても微妙に味覚が変わってくる気もします。
a0010481_021234.jpg

で、なにが言いたいのか。
舌のご機嫌というものはかように移ろいやすいものなので、有名店であれれ?という味に遭遇したときは、まずあわてず落ち着いて非常口を探しましょう自分のコンディションを疑うべきなのかもしれないのです。
a0010481_0324177.jpg

それでも、もしかしたら、ひょっとして。「この塩加減は日本人にはきついのでは・・・」
おいしいんだけどしょっぱい、悲喜こもごものひとときでした。
[PR]
by skyblue_2 | 2006-04-11 00:46 | デイリーライフ

訊くは一時の恥、訊かぬは・・・

タイトルのような格言があったかと思いますが、こういうのはたいてい真理なことが多いようで。母や祖母がよく言っていた「元気は出すもの出せるもの」なんていうのもあります。
とにかく!海外ではマメに訊く、聞く、聴く・・・これが大事と思うこのごろ。言葉の問題は、知りたいという切羽詰った欲求と熱意でなんとかクリアできるものかもしれません。

先日のお昼どき、魚料理がおいしいレストランの集まっているSt Catherine教会界隈のLe Loup Galantというお店にはいりました。メニューで目に入ったのが、「ブイヤベース」とエトセトラのコース。deux services(2サービス)とか書いてあるしスープと何かというランチよね、たぶん、と一人合点して、
a0010481_2505874.jpg
まずはブイヤベース。おさかながしっかり食べられてなかなか美味。
さて、メインはなにかしら?
a0010481_2541078.jpg

・・・・・えっと、スープはもういただきました。よね??

勘違いのタネは読み流していたen deux servicesにありました。これは「二品」ではなくて、ブイヤベースを二度サーブしますということなのでした。ほかに揚げたバゲットのオランデーズソースつきという、結果的にけっこうお腹いっぱいのランチ。これはこれでもちろんナイス。

ただ、、、ワインも付いて水もたのんで、ブイヤベースのお皿は大きかったし、で、なんとなく液体化した気分で重たーく帰途に。ふうぅ。
[PR]
by skyblue_2 | 2006-04-01 03:42 | デイリーライフ

/ 斜め \

ご近所に去年できたカフェは、まるで日本にありそうな「脱ヨーロピアン」な雰囲気。新しく建てればやっぱりそうなるわけなんでしょうか。ここのフレッシュジュースがなかなかおいしいのです。オレンジ+バナナとかアップル+キウイとか、組み合わせがおもしろくて、今日はトマト+レモン+ミントにしてみました。

それとパスタ。
a0010481_1184228.jpg

お皿にかなり傾斜が。これは考えてみればパスタが食べやすい!アイディアです。チャーハンだったら・・・ごはんが雪崩れ状態でキケンです。
このナイフもとても使いやすくて、実はひそかに探しているところ。

斜め、といえば、
a0010481_146245.jpg

去年の夏にスイスで乗った氷河特急で売っていたグラス。列車の勾配にもめげず優雅なひとときを、というわけですが、これ、<平地>で暮らすぶんには不向きです。こぼれるのよぉ、どうしても、、、
[PR]
by skyblue_2 | 2006-03-11 01:57 | デイリーライフ

なんだったんだろ

WOLUWEのショッピングセンターで、木でできたいろいろなゲーム玩具をデモンストレーションしていました。ビッグなチェスやバックギャモンも。インストラクターのおにいさんはカーニバル帰りですかい、なとんがり帽子。
a0010481_6434135.jpg
固定されたお箸みたいなのでつまんで、、、これがなかなかむずかしいー。アツクなってます。(友人)
そしてお昼は、
a0010481_6483560.jpg
チーズがはいったキッシュ。しつこくなくておいしー。(これはワタシ)
[PR]
by skyblue_2 | 2006-03-04 06:56 | 街角にて

baba

a0010481_19192045.jpg先週、まだバーゲン前のパリへ友人と行ってきました。この「baba au rhum」が私は好きで、瓶詰をみつけて買ってきました。
マイユではケーキの大きさで出ていて、日本のサバランとは大違いの辛口・お酒ぷんぷん具合がクセになっているのですが、この瓶詰めはミニシューのサイズ。ひたひたのラムシロップに漬かっています。クリームかアイスを添えてどうぞ、となっています。このままで、濃く淹れた紅茶のお供にもよさそう。

このイースト菌の焼き菓子(baba本体)は、18世紀のポーランド王スタニスラス・レクチンスキーが千夜一夜物語の主人公アリ・ババにちなんで名付けたという説があるとのこと。その後パリで、ポーランド人の職人によってbaba au rhumのかたちで広まっていったそうです。
知らなかったのですがイタリアでもナポリのbabaが知られていて、こちらはレモンリキュールに漬けてあるんですね。うひゃ、おいしそ、、、
[PR]
by skyblue_2 | 2006-01-10 20:18 | デイリーライフ

ブルージュの冬

a0010481_2194982.jpg

先週末にブルージュへ。まずは広場のクリスマス・マーケットのグリューワインで暖まってから、「冬に行くなんて」という声をふりきって!?来た日本からの友人と、半信半疑ツアーをスタート。でも、、、人は多いし、ボートにワサワサ乗ってるし、空気が冴えているせいか風景はフォトジェニック~だし・・・冬のブルージュおすすめです。

そして今回初めて行ったブルージュ近郊の村ダムで、夕暮れのうつくしさに感動してきました。
a0010481_2136764.jpg
運河には氷が張り始めていましたが。

お昼に。フォアグラのパテ。木の実やドライフルーツの甘さと相性抜群でした。
a0010481_213932100.jpg

[PR]
by skyblue_2 | 2005-12-13 21:44 | 観光あちこち記