<   2011年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

断言?

N響の団員の何人かがツイートしていらっしゃるが、地震発生の翌日の出国ということで、苦渋の選択のまま演奏に集中しなければならない状況という。
いま海外に居て、隔靴掻痒の思いで日本の事態を見守っているたくさんの邦人のことを考える。

原発を巡る論議が悲観楽観こもごもなのは、今に始まったことではないが、それにしてもすでに非常事態が進行しているなかで、数字の大小で「だから安全」としたり顔している場合だろうか?
「安全」と「安心」は違う。以下、SankeiBiz(サンケイビズ)より。


 英政府のジョン・ベディントン主席科学顧問は16日に行われた電話会議で、東京電力福島第1原子力発電所の事故によって人体に悪影響が出る危険性があるのは原発周辺地域に限られるとの見方を示した。

 同顧問は「日本政府が実際に指示した周囲20キロメートルの立ち入り禁止区域は賢明であり妥当だ」と述べた。最悪のシナリオとして、原子炉爆発で放射性物質が上空約1600フィート(約487メートル)に吹き上がる事態を挙げた上で「爆発は非常に深刻だが、やはり原発周辺地域に限ったものであり、その他地域ではそれほどではない」と説明した。

 天候次第では放射性物質が東京方面に向かって流される可能性はある。しかし、同顧問は「人間の健康にとっては問題にはならないと断言できる」と指摘。同顧問によれば、1986年に旧ソ連(現ウクライナ)で起きたチェルノブイリ原発の事故を例にとっても、発電所から半径30キロメートルを超えた地域では、放射性物質に関連した問題は起こらなかったという。(ブルームバーグ Kari Lundgren)


「発電所から半径30キロメートルを超えた地域では、放射性物質に関連した問題は起こらなかったという。」というのは正確なんだろうか?手元の週刊朝日3/25号によると、チェルノブイリの放射能汚染は600キロの範囲に及び、05年時点240万人超が治療を受けている。

いろいろな条件の違いがあるとして、百歩譲ってこういう安全評価を認めたとしても、イコール安心
とは言い難い。土壌の汚染、晩発性の障害、遺伝子への影響など、放射能汚染の可能性の大きさには予測のつかない不安がある。

BBCニュースの記事より。

When this crisis is over, some of the stories of individual heroism will start to emerge. Several of those battling to cool the fuel rods have been injured.

It must be hardest for their families, who sit and wait at home, not knowing what dangers their loved ones are facing, what damage they might have suffered and what problems might result in the years ahead.

what problems might result in the years ahead.
慌てず騒がず、しかしこのスタンスは肝に命じたいと思うのだ。
[PR]
by skyblue_2 | 2011-03-18 10:40

コミュニティーFMがんばれ

中部電力管内のこちらでも、コンビニなどで「節電しています」の表示。エネルギーのひっ迫も深刻だが、福島原発の推移があまりにも不安だ。そして現場の作業者のことを考える。「誰かがやらなければならないというぎりぎりの決断」というアナウンサーの声が重い。
スーパーの魚屋には、宮城からの最終入荷だというキンメダイがならんでいた。
震災は遠い出来事ではない。

今日の朝日朝刊に、<被災地で聞けるコミュニティーFM>として周波数の一覧があった。
ここでは、該当地域以外からでもパソコンでコミュニティーFMが聞ける。東北では、盛岡市、仙台市、いわき市など。
追記:自家発電など、被災しながら地域密着で情報のオンエアを続けている各局。私がコミュFMに関わっていた頃、「災害の時まっさきに役に立つのが地域FMでなければ」と先輩に言われて、その時はそういうものかくらいにしか感じなかったのだが。

ツイッターによると、現在アメリカ公演中のN響がチャリティー演奏になったらしい。
[PR]
by skyblue_2 | 2011-03-17 19:44

オケ中止

こういう時に音楽はどんな力を持つのか。あるいは、持たないのか。

歌舞音曲停止なんてことは、さすがにもう誰も持ち出さないだろうけれど、相次ぐ海外オケの公演中止にあらためて今の現実を思う。
今日の新聞によれば、フィレンツェ歌劇場公演はフィレンツェ市長による帰国命令で公演中止。明日行く予定だったチェコ・フィルの愛知公演も中止になった。こちらもチェコ政府から帰国要請があったらしい。

自国民の安全を考えての撤退は当然。
自分にとって音楽が必要だと感じたら、(強く欲しているようでもあり、厭うようでもあり…)今は自分のなかに旋律を奏でようとおもう。一枚のCDで。鍵盤を押して。あるいはなにか口ずさんで。

被災地の楽器にも思いを馳せる。水戸市の水戸芸術館では、パイプオルガンのパイプが折れたとの記事。なにより、ピアノの上に車が乗り上げたままのTV映像の慟哭。
[PR]
by skyblue_2 | 2011-03-16 20:04

拡散希望[被災糖尿病患者の相談先]

緊急特集!東日本大地震情報&お見舞いメッセージにTB追加。

15日付日経朝刊より。
<外来診療も可能な病院では、インスリンの提供も行うとのこと>

岩手医科大学病院
外来診療可。TEL:019-651-5111

東北大学病院
TEL:022-717-7611(夜間717-7856)

福島県立医科大学病院
外来診療可。TEL:024-547-1111
福島県立会津総合病院
外来診療可。TEL:0242-27-2151
総合磐城共立病院
外来診療可。TEL:0246-26-3151
たねだ内科クリニック
外来診療可。TEL:0246-45-3303

日立総合病院
TEL:0294-23-1111


避難所でインスリンが不足しているという報道もありました。
[PR]
by skyblue_2 | 2011-03-15 13:32

「オピニオンより情報を」

緊急特集!東日本大地震情報&お見舞いメッセージにTB。

今さっき、福島原発の30キロ退避について政府の会見がありました。退避を余儀なくされる方々、また避難先で大変過酷な生活を強いられている中、放射能という目に見えない危険をも想起しなければならない方々の安全を、今は祈るばかりです。

「オピニオンより情報を」とは、ネットのどこかで見かけた言葉をお借りしました。けさの東電の会見でも、陳謝を繰り返す社員に記者から「どう思っているかより情報を!」と怒号が飛んでいましたが、現状下必要とされているのはまさに正確な情報を速く広く共有することに尽きると思います。
TVメディアも、やじうま的感傷でドキュメント風に振り返る番組を繰り返すよりは(これは観る側の自戒も込めています)、せっかく被災地に入っているのですからもっと窮状を細かく吸い上げて、情報伝達の橋渡し役を望めないものでしょうか?


**すでにたくさんの募金リンクが立ち上がっていますが、こちらをご紹介します。
JFN(全国FM放送協議会)ヒューマンコンシャス募金
[PR]
by skyblue_2 | 2011-03-15 12:56

近藤岳氏のオルガン

10日のお昼、豊田市コンサートホール。
氏の、築地本願寺別院委嘱作品「薄紅の刻」(お寺のパイプオルガンはこちら)は、アシスタントの方が打つ鈴と、笙に似たオルガンの音色とで、印象深い演奏だった。
この楽器が仏教を背景として奏でられることには思うところもあるが、またあらためて。。

プログラムの最後は、聴衆から集めた<春>にちなむお題から「団子」(!)「旅立ち」「雨」を選んでの即興演奏。あおげばとうとしのメロディーも巧みに織り込まれていて、密度濃い即興を楽しませていただいた。
[PR]
by skyblue_2 | 2011-03-15 11:30 | パイプオルガンはいかが