<   2010年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

33

a0010481_18411718.jpgきのうのTVで見た現場監督のルイス・ウルスアさん、救出の瞬間にも落ち着いていてリーダーの風格がありました。あの場で大統領に、二度と悲惨な事故が起きないようにと要望を伝える姿など、日本ではそうそう目にできない気がします。。

ひょろひょろと狭い穴からカオを出すカプセルはなんだか頼りなく、まるでジュール・ベルヌの物語の挿絵にでもありそうな非現実的オールドファッション。けれど、数百メートルを必死で掘削してカプセルをひたすら上下させてという、そんなヒトの単純で愚直な力こそが彼らの命に繋がったことを思うと、ずいぶん涙がでました。
[PR]
by skyblue_2 | 2010-10-15 19:32 | デイリーライフ

図書館と喫茶室

住んでいる街の図書館は蔵書量も多いしとてもステキなのですが、生活圏という意味では近くの町の図書館も捨てがたく。しかもここには居心地のよいカフェがあります。
a0010481_1845510.jpg

看板だけ。後ろは図書館です。写真の許可をいただいたので、次回は見晴らしのよいカフェのなかからアップ予定。晴れた日には御嶽山なんかも見えるそうです。

こんな場所で借りたばかりの本に目を通すのが、暫しのシアワセ。Portative Organの表紙にはあとで気がついて、詩人と音楽についての随想に浸りました。中原中也が日記にしるしたという「モツアルト、ヴァイオリン・コンチェルト第五番イ長調をラヂオで聴いて感銘す。もうもう誰が何と云っても振向かぬこと。詩だけでもすることは多過ぎるのだ。」その心境を想像しながら栞をはさんで、家に着くなりオイストラフがベルリンフィルと合わせたのを聴いて。
ほかにも、高村光太郎とブランデンブルクとか、萩原朔太郎とオルガンとか、オーディオの前に座って読みたい本。

a0010481_1955686.jpg

[PR]
by skyblue_2 | 2010-10-08 20:01 | 街角にて

新パッション・ショコラ

あのPassion Chocolatの記事を見つけました(ミセス11月号)。2008年に経営者が変わって、サブロン広場に二号店ができたとか!
サイトはまだ作成中のようですが、passion et amourのモットーは変わっていないのね…
超薄型の「タブレット・アロマティゼ」は12フレーバーあるそうで、いずれは日本でお目にかかれないでしょうか、、

季節が移って心機一転、きのうから英語のクラスに行きはじめました。内外のニュースをトピックに進む内容で、私の伸びきったゴム状態の<聞く・話す・読む・書く>機能は当分嵐にさらされそうです。ベルギーでは、とにもかくにも毎日英語を話すほかはなくて、それはもちろんフランス語に苦戦したという個人的な理由もありましたが、英語というコトバが好きだからこそできた綱渡りでした。
あの頃のpassion et amourを思い出しつつ、老眼と戦いつつ。

サブロンのピエール・マルコリーニ。
a0010481_2042152.jpg
[PR]
by skyblue_2 | 2010-10-07 20:57 | ベルギーのチョコレート

さよなら、RADIO-i


<笑顔の閉局? 途中、音声が切れる所があります。申し訳有りません。>(作成者コメント)

昨日、愛知県のFM局がひとつ停波した。民放連加盟の地上波で初めての、10年半を経ての閉局という現実。
都会的な、それでいて不思議にあたたかい、洋楽メインのラジオ局で、地元のコミュニティ局でおっかなびっくりDJもどきをしていた頃からずっと聴いてきた。まあ「ハガキ職人」でもなかったから、熱心なリスナーとまではいえないだろうけれど、私にとってラジオというものの面白さを伝えてくれる大事な時間だったことを、今になってしみじみ思い返している。

当たり前に在ると思っていたことが目の前から消える。こんなに悲しいことなのか。
[PR]
by skyblue_2 | 2010-10-01 18:58 | デイリーライフ