<   2010年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ALL i NEED...

オール・ユー・ニード - クラヴサン組曲 (ALL YOU NEED - LIVRE DE CLAVECIN)

アンデシュ・ダンマン / KING INTERNATIONAL



今年の<音の打ち水>は、まずこのCDから。
アンデシュ・ダンマン本人がとても率直なノーツを書いているので、これが「ビートルズをチェンバロで」というような、ありがちなシロモノではないということがよくわかる。
いわくビートルズの主題をもとに摂政時代の様式でクラヴサン音楽を創作するという発想
だから、聴いていて、あれ?今の旋律ってレットイットビーになんとなく似てるけど的な、きっちりサラバンドなりメヌエットなりクラヴサン曲の様式を楽しみつつビートルズ!という醍醐味がある。
ビートルズはもちろんすごいけれど、これだけの曲を作っちゃうアンデシュ・ダンマンもスゴイと思う。

彼の、18世紀に活躍したJacques Duphlyを弾いているCDもいい。
甘いだけでもなくテクニックに突出するのとも違って、一曲一曲から受け止めるべきものが、丁寧に伝えられてくるような音楽。
[PR]
by skyblue_2 | 2010-07-30 12:55 | 音楽レコメンド