<   2009年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

同窓の悲報に

車の窓をあけると、おもいがけず春風が吹いて来た。卒業式かなにからしい親子をちらほら見かけて、三月という季節を痛いくらいに実感する。春休みに格闘したヘッセやドビュッシーが甦る。それから、雪解けの轍だらけの道が。水たまりできらきらする早春の北国の陽射し……。



a0010481_5485178.jpg

我が家に根付いてくれているふるさとの市花で悼みたいと思います。
[PR]
by skyblue_2 | 2009-03-20 06:09

ぽち、の幸福

a0010481_929823.jpg

ポチラーのよろこびは、CDや本に限りません。
わ、すてき・・、の先に広がる物語の自由が楽しくて、andante*は大好きな宝石箱です。

satoさんの手から生まれるアンティークビーズやヴィンテージパーツのアクセサリーは、可愛らしいけれどとても雄弁で、ひきだしから取り出して飽きずに眺めているだけという時もあったりします。
ひとときの、贅沢な時間旅行。

写真のブックマーカーもこちらにて。スワロフスキーヴィンテージとヴィンテージパールの儚い輝きに惹かれました。使いやすさもgood!
[PR]
by skyblue_2 | 2009-03-17 12:44 | デイリーライフ

オルガン勉強会

二月最後の日は、豊田市コンサートホールの初代オルガニストでいらした椎名雄一郎先生を囲んでのレクチャーとレッスンの会に初めて参加しました。地元のコミュニティFMに居た頃、先生にゲストをお願いしたことがあって、気さくながら的確で多彩なお話に司会役そっちのけで聞き入ってしまったのを思い出します。

パイプオルガンを少々遠く感じていた最近の私にこの良い機会をくださったのが、ぴょんきちのbuibui日記のぴょんきちさん。「オルガンな1日」にあるように、彼女とは初顔合わせのオルガン・オフとなりました。
スタッフとしてずっとてんてこまいだったはずのぴょんきちさんですが、メロディが聞こえてきそうな軽やかな笑顔でおしゃべりしてくださって、二重に緊張して来た私は即!平常心に。充実した勉強会を過ごすことができました。

椎名先生が2005年から取り組んでいらっしゃるバッハのオルガン全曲演奏会の第六回が、3月14日日本大学カザルスホールであります。


さて、、今、このホールのオルガンについて、ひいては「ハコ」をめぐるもろもろについて、考えるべき時のようです。
日本を代表する室内楽の殿堂、東京・お茶の水の日本大学カザルスホールが来年3月で閉館することが分かった。日大キャンパスの再開発計画に伴うもの。風情のある建物や文化財級のパイプオルガンがどうなるのかは未定だが、音楽ホールとしての歴史は事実上幕を閉じることになる。

 同ホールは87年、チェロの巨匠パブロ・カザルスの名を冠し、日本初の本格的な室内楽ホールとして主婦の友社によって建設された。当時は華やかな大ホールが注目を集めたバブル期だったが、511席という親密な空間と優れた音響で、ロストロポービチや内田光子ら内外の一流アーティストにも愛された。

 02年、経営難に陥った主婦の友社が日大に売却。大学の施設として使われる一方、一般向け貸しホールとしても運用されてきた。日大総務部によると、来年4月以降の公演申し込みは断るといい、「建物自体を残すかどうかは未定だが、敷地は大学の施設として使う予定」としている。

 同ホールは、ビオラの祭典「ヴィオラスペース」などユニークな自主公演を相次いで企画し、全国各地のホールのモデルケースとなってきた。アコーディオン奏者の御喜(みき)美江さんは「ホールというより『工房』という印象。ハードとソフトが一体となり、人の血の通った空間で演奏家を育ててきたホールは他にない」と、閉館を残念がる。

 同ホールの顔だったパイプオルガンの行く末を憂う声も少なくない。ドイツの名匠ユルゲン・アーレント作。開館10周年の97年に設置され、マリー・クレール・アランや鈴木雅明ら、世界的なオルガニストに演奏されてきた。

 廣野嗣雄・東京芸大名誉教授は「バッハ以来の伝統を、ここまで忠実に残すオルガンは世界的にも珍しい。移築も不可能ではないが、オルガンはホールと一体の楽器。日本の宝として鳴り響き続けてくれるのを祈りたい」と語っている。(吉田純子)
-アサヒ・コム2/4-

公共ホールであれば税金の無駄遣いと見るむきありーの、今回のようなお家の事情にも晒されーの、オルガンはたいへんです…。
[PR]
by skyblue_2 | 2009-03-06 20:42 | パイプオルガンはいかが