<   2008年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

タッチひとつで変わってしまう

a0010481_9381955.jpg
チェンバロの戸崎廣乃先生の「アルマンド」。フローベルガーやラモーなど各国のアルマンド(ドイツ起源の舞曲)を中心に演奏されています。
昨日のレッスンでは、あらためてチェンバロの音作りの難しさを知りました。優美で典雅なチェンバロの響きには繊細さも力強さも両方隠されている気がして、その奥行きに惹きつけられるのですが、そういう音に億分の一でも近づけたら…。
[PR]
by skyblue_2 | 2008-05-08 12:17 | 音楽レコメンド

リフレーッシュ!

GWの数日、ふやけておりました。温泉というのはざぷん→ふぅぅの単純作業なのに、ナゼあんなにも安息の心地が訪れるのでしょう。意識にのぼってくる何かがあっても、いつの間にやら湯気の向こうへ押しやられ、なんとかなるさの気分になるばかり。

そんな水浸し状態にドンと効いたのが、神戸・六甲のオルゴール博物館「ホール・オブ・ホールズ」で聞いたこれ。
a0010481_17372170.jpg

最初どこからどこまでが楽器部分なのか見当がつかなかったほどの、大きな自動演奏ダンスオルガンです。1938年頃のベルギー製で、イギリスにあった物とのことでした。曲はあの「ラ・クンパルシータ」で、もちろん前面のアコーディオンも華麗な演奏でタンゴな気分。なにしろ軍楽隊あたりが演奏しているような大音響なので、これをバックに踊ったらさぞシャキッと背筋が伸びるだろうなどと考えていました。
a0010481_182084.jpg

これも自動演奏。人形の味のある動きもなかなかでした。こんな手回しオルガン、ベルギーで見かけたなあ。近所のマルシェの日におじいさんがよく回していて。
[PR]
by skyblue_2 | 2008-05-02 18:56 | 観光あちこち記