<   2008年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

into the sky

背中の椎間板をおかしくして、今週入院しておりました。あぁ、あの痛さは生涯の思い出ベスト3に堂々のランクインです。今まで怪我らしいケガをしたことがない者にとって、痛みというのはそれ自体がもう恐怖の源。このままだとどーなっちゃうのょぉぉぉ的パニックで息は苦しくなるは汗は噴き出すは、、症状を説明するにもしどろもどろで、去年の入院といい、帰国してからでよかったというのが正直なところです。

横になっていると空だけが広々と見える部屋でふと浮かんだ光景が、ベルギーで大好きだったvillers abbeyでした。
a0010481_15145775.jpg

ただ時間が過ぎてゆくままの僧院の廃墟にすわっているとドビュッシーの「沈める寺」が聴こえるようで。
a0010481_15451921.jpg

ひととき心の旅ができるって、きっと幸福なことですね。
[PR]
by skyblue_2 | 2008-02-29 15:56 | デイリーライフ

武士語

巷でウワサの武士語。もんじろうで遊んでみました。もっといかめしい文章になるのかと思ってましたが。

武士語で話せばもののふ道精神が甦って高潔高邁の気概に溢れ、世の中もっと住みやすくなるのか、それがしにはわかりませぬ。なれど、使う云葉が精神に作用するでござると申すことなら、普段けっこう実感しているでござる。

きれいな言葉で一日過ごせば気持ちがいい。チョーやべえと叫ぶ女子高生だって、そういう<気分>を無意識に狙って使うことで場面を演じ分けています。むしろコワイと思うのは、ウラハラな言葉、という魔物。こやつにとりつかれると何より自分の言葉で自分を裏切るという所業に及んで、あとあと後悔が待つだけ。言霊を軽んずなかれというのが、この年齢になっての教訓です。
[PR]
by skyblue_2 | 2008-02-19 21:25 | デイリーライフ

シュトゥットガルト放送交響楽団

先週、ロジャー・ノリントンの指揮で聴いてきました。この指揮者が追求している<歴史的演奏法>は、オーケストラの見慣れない配置でまず眼前に。チェロは左側、ホルンは上下二列。後列にずらりと居並ぶコントラバスが圧巻でした。
a0010481_18465694.jpg
(写真は公演パンフレットより)

ノン・ビブラート奏法による響きというのはやはり独特です。力強く、それでいてポーンと突き抜けてゆく爽やかさがあって、ブラームスの交響曲一番のあの冒頭も、ギリシャ悲劇と現代詩くらいの感触の差(ってどんな)。オルガンの古典奏法を思い出しました。
[PR]
by skyblue_2 | 2008-02-15 19:40 | 音楽レコメンド

灯す

光を灯す。炎を見つめる。ほんのひとときのただそれだけで、自分を取り戻せる気がすることがあります。ベルギーでの日々で忘れられないのは、まるで音楽に心を震わせる時のように、ともしびが作る偶然の表情に惹きつけられたこと。聖堂の中。カフェ。通りから垣間見える窓辺。あの、硬質な風土のなかでいつもひっそりゆらめいていた炎の暖かさを思い出しながら、ベルギーから持ち帰ったキャンドルに初めて火をつけました。
a0010481_18552422.jpg

Happy Valentine's Day to YOU.
[PR]
by skyblue_2 | 2008-02-14 19:00 | デイリーライフ

さっぽろ雪まつり

a0010481_1037305.jpg

私が札幌で小学生だった昭和四十年代、雪まつりは冬の楽しみなビッグイベントでした。ただ一つ気が重かったのが絵の宿題で、雪の色彩も巨大な雪像や人の多さも、いったいどうしたらそれらしく描けるものなのかさっぱりわからず…。手前に見物客をちらほらと、あとの奥行きを頭の輪郭だけ100コくらいで埋めて提出したら、先生になにやら注意された記憶があります。手抜きにしては大胆過ぎたか。

今回久しぶりでしたが、雪像が小ぶりに見えたのは私がオトナになったから、ばかりではなく製作事情が変化したためという事があるようです。ふるさとを遠くに在りて想っている者としては、変遷を越えてずっと続いてほしい雪まつりです。

<国際雪像コンクール>のために製作中のスウェーデン・チームの女性。タイトルは「重荷の軽減」…なにか差し入れしたくなりました。
a0010481_12142062.jpg

第四位入賞とのこと。ほっ。

最愛のカレにも会えて、ほっほっ。
[PR]
by skyblue_2 | 2008-02-11 12:25 | 観光あちこち記

ギャラリーへ

知人のお誘いで行った個展。懐かしい風景と再会しました。
a0010481_8585383.jpg


住宅街にあるこのギャラリーは、木の質感が広がる落ち着いた茶房に併設していて、なんともゆったりとした空間。作者の方とお話ができたのですが、その描くことを心から楽しんでいらっしゃる印象そのままに、色彩もタッチも伸びやかで明るいのです。ブルージュの修道院やゲントの倉庫群。マルクト広場の石畳や教会の尖塔。石造建築の重々しさばかりを記憶に残している私の頭の中で、急に別な光を浴びたように生きいきと甦ってきました。
[PR]
by skyblue_2 | 2008-02-01 09:52 | デイリーライフ