<   2005年 04月 ( 24 )   > この月の画像一覧

café complet

coffeeよりTBです。

私もみつけました、コンプレ。
a0010481_5505727.jpg


小さなグラスのカルーアミルクらしきもの、アイスクリームのソースにしてしまいましたが飲むべきだったのでしょうか?・・・

a0010481_5562172.jpg

こんな場所の一角にあるカフェだったのですが、さて、ここはホテルのロビー?それともレストラン?じつは・・
つづく~
[PR]
by skyblue_2 | 2005-04-30 05:59 | 街角にて

装丁1

仏語の個人レッスンのほうの先生が、彼女が仕上げた装丁の幾つかを見せてくれました。

a0010481_513094.jpg


千代紙を使ったノート。表紙の台紙(とは呼ばないのでしょうが)には、シリアルの箱を使ったそうです。







a0010481_526332.jpg


お子さんのために、古書店でみつけた楽譜を装丁。













仮綴じの本を自分でルリユールreliureする、あるいはこうした普段づかいの愛用品をつくる・・・憧れます。
[PR]
by skyblue_2 | 2005-04-30 05:25 | デイリーライフ

フロラリア2+ダニエル・オスト

ゲント・フロラリアでは、アレンジメントもいろいろショーアップされていました。
a0010481_0171126.jpg

a0010481_0184687.jpg


ベルギーでフラワーアレンジメントといえばダニエル・オストが有名です。6月14日(火) には、愛知万博・ベルギー政府館を装飾するイベントも予定されているようです。
a0010481_0241310.jpg

これはオストのブラッセルでの生花店舗。メトロをPARCで降りてRUE ROYALEを美術館と反対の方向へ少し下ったところ。アールヌーボーの建物は天井も高く、丈のあるこちらの花々がまるで調度のようにレイアウトされていました。紫やくすんだ色合いでの統一に、原色の明るさにはないどこかノスタルジックな印象をもちました。このお花で飾る空間には、やはり石のつめたさと重さとがふさわしい・・・私にはそう思えます。

ダニエル・オストの作品、間近で見てみたくなりました。

SINT-NIKLAAS店(←画面下、右から二つ目の卵をクリック)ではスクールも開かれているとのことです。
[PR]
by skyblue_2 | 2005-04-27 01:03 | 観光あちこち記

旧マルコリーニがパイのお店に

サブロン広場 Place Grand Sablonで知った旧マルコリーニのニューショップに行ってみました。

・・・タルト屋さんに変身~!その名もLA TARTERIE DE PIERRE
a0010481_231477.jpg


お菓子のもお惣菜のも、おいしそうなタルトが迷うほどならんでいます。キッシュなどパイ系に目がない私は、試食してぴんときたズッキーニとヤギのチーズ、ベーコン、ドライトマトのタルト「Jeanne」を1/8ピースで。
それぞれのタルトに名前がついているのは、チョコレートの場合と同じですね。にんじんと鶏肉、クミンのタルト「Fanette」、リゾットとピーチコンポートの(お米のタルトは
こちらでポピュラー)「Nona」・・・・・。パンフレットには20種類のタルトが載っていました。

ほかにも、ドレッシングやジャム、キャンディーなどいろいろおいてありました。
日本でいうと、羊羹の虎屋がおにぎりの店をひらくようなものかしらー。(ちがうってば)
[PR]
by skyblue_2 | 2005-04-26 23:48 | 街角にて

音楽コンクール


a0010481_1783137.jpg


日曜の午後は、知人が出場するロータリークラブ主催のピアノコンクールへ。








会場はあのFlagey。(コンサート情報はこちらで
a0010481_1723573.jpg

こちらの人の体格に合わせてあるからか、イスがゆったりサイズで足元も広々しています。

ピアノコンクールを何度か経験している身には、ステージの緊張がありありと甦ってきて、トラウマ恐るべしという心境でしたが、若者たちの演奏にはテクニックにも音楽性にも目をみはるものがありました。

後半はAlexander Vaguenerのリサイタル。初めて知ったピアニストです。
19歳とは思えないすさまじいほどの技巧で、リストのハンガリー狂詩曲を難なく料理していました。

コンクールの結果は、個人的にはやや首をかしげざるを得なかったのですが・・・。コンクールで、音楽すべてが判断されるものでもないと考えれば、結果にあまりこだわらず才能を伸ばしていってほしいものです。ベルギーでは、アカデミーを辞めて個人で音楽を続け卒業資格をとる若者もいると聞きました。スクールライフを断念して精進するということなのでしょうか、、
[PR]
by skyblue_2 | 2005-04-25 17:53 | 音楽レコメンド

ブルーベルの花

HALLEの森のブルーベルは、以前から見たかったお花です。
うす曇の空の下で、一面の(驚くほどに!)蒼さが目に沁みました。

a0010481_165309.jpg

聞こえるのは、響き渡る鳥の声だけ。
[PR]
by skyblue_2 | 2005-04-25 17:01 | 観光あちこち記

お散歩とアイス

BOZARにチケットを買いに行きがてら、とことこブラブラ。観光客にまぎれて歩いていると、見慣れた街も新鮮です。用心して着た薄手のニットに後悔しながら、晴天に感謝。カフェのテラスはどこもいっぱいでした。

a0010481_417280.jpg









楽器博物館のならびにクラシックのCD店が。まえからあったかしら・・・。ここでサブロン・春のバロック祭(勝手に命名)のリーフレットをみっけ。4/22~30とのことなので、行ってみてレポートしたいと思います。




またしばらく歩いてから、グランプラスのカフェでひ~んやりしてきました。
a0010481_4293218.jpg

バニラとモカのアイスクリームはおいしかったけれど、私は「モカ・ソースがけ」と勘違いしていた上にこのボリューム。一人で黙々と味わううちに脳まで冷えちゃったのか、帰り際「オルヴォワール」と言うところを口から出てきたのは「ボンジュール!」・・・・・・
[PR]
by skyblue_2 | 2005-04-23 04:54 | 街角にて

パッサージュ

ここでご紹介したようなパッサージュは、フランスほどではないにせよベルギーでも散見します。ガラスが大量生産されるようになり、雨を気にしなくてすむという便利さはもちろん、景観の美しさも当然考慮されたのでしょうね。なんともいえない華やぎを感じます。

a0010481_19104521.jpg

1846年に造られたGaleries St-Hubert。

a0010481_1915034.jpg

Passage du Nord。ヌーヴ通りからはいれます。
[PR]
by skyblue_2 | 2005-04-22 19:27 | 街角にて

明日デュッセルドルフでデモ予定

大使館からのメールニュースによると、デュッセルドルフで4/23(土) 14~16時 中国人学生約100名による抗議デモが予定されているとのこと。
中国のわだかまりとは書いたが、その根は深いことをあらためて考えさせられる。日本に、是々非々で語る率直な政治家はいないものか。
小泉首相は首脳会議のスピーチで、「わが国は、かつて植民地支配と侵略によって、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えた。こうした歴史の事実を謙虚に受け止め、痛切なる反省と心からのおわびの気持ちを常に心に刻みつつ、わが国は第二次世界大戦後一貫して、経済大国になっても軍事大国にはならず、いかなる問題も、武力によらず平和的に解決するとの立場を堅持している」との考えを述べ、中国などへの配慮を示した。 (Yahooニュース)

この言葉から伝わってこないものがあるとしたらそれはなんだろう・・・。
[PR]
by skyblue_2 | 2005-04-22 18:44 | デイリーライフ

春の月

18時半からのオルガンレッスンが終わって、メトロで帰ってきても、まだ明るいというのはうれしい。

a0010481_453893.jpg

午後9時前の、暮れ方の月。
[PR]
by skyblue_2 | 2005-04-22 04:09 | デイリーライフ