<   2004年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

新年間近

この時期にはいつもいろいろなことを考えます。今年は特にそうかもしれません。あたりまえのように巡ってくる新しい年を、どこまで自分の喜びとできるか・・・。

年明けまで、しばらく更新が遅れることをお許しください。

どうぞ良いクリスマスを!
a0010481_9195429.jpg

a0010481_9223946.jpg
(ブッシュ・ド・ノエルがこちらでは定番。ヴィタメールのものを友人にいただきました)
[PR]
by skyblue_2 | 2004-12-23 09:26 | デイリーライフ

クリスマス・マーケットご近所編

この時期、それぞれの地域の広場にもクリスマスにちなんだマーケットがひらきます。
a0010481_4413933.jpg

大きなテントのなかは暖かくて、クリスマス雑貨よりもアンティークとか服飾小物とかハンドメイドのアクセサリー、いろいろなボックスなど、プレゼントによさそうなものがいっぱい。キャンドルやアロマ関係のお店が多くあるのもこちらならでは。子供がくまのぬいぐるみを選んでいたり、入口にはグリューワインの屋台や地元の人のアルバイトといった感じの楽団。

写真右側のお店では、ビクトリア朝的な古風な絵のカードを売っていて、私が手にした一枚に「わたしの母が作ったんだ」とおじさんはうれしそうでした。
a0010481_5101934.jpg

通りもおめかししています。
[PR]
by skyblue_2 | 2004-12-11 05:14 | デイリーライフ

アドベント2

アドベント・クランツ(リース)に灯していくろうそくについて、こんなお話をみつけました↓
ドイツのクリスマス<アドベントクランツの4本のろうそく

4本目のろうそくは「希望」。そして、消えてしまったほかの3本にもう一度火を灯す・・・。
考えさせられました。
[PR]
by skyblue_2 | 2004-12-10 07:45 | デイリーライフ

アドベント

 アドヴェント・カレンダー
Titbit in BritainからTBさせていただきました。

アドベント・リースが英国よりもゲルマン圏で手に入りやすいというのは、習慣の違いなのか、或いは宗教的背景があるのでしょうか。
プロテスタントの私ですが、実際のアドベント・キャンドルを経験したことはほとんどありません。日常的にろうそくを灯す習慣のない日本、ということもあるかもしれませんね。ベルギーの家庭ではどうしているのか興味のあるところです。

家々の窓辺に輝くツリーやイルミネーションも増えてきました。
アドベントは、信仰の有無とは別のところでなお、なにか大切にしたいもののような気がします。たとえば待ち望むことの喜びのような・・・。
a0010481_436865.jpg

近くの広場にもツリーが灯りました。
[PR]
by skyblue_2 | 2004-12-09 04:37 | デイリーライフ

趣向さまざま

クリスマスのイルミネーションといえば、ふるさと札幌のホワイトイルミネーションがまず浮かぶ私ですが、華やかなものであれ素朴であたたかいものであれ、灯った光の美しさにとても惹かれます。甘い光。はしゃぐ光。懐かしい光。・・・・・
a0010481_4152221.jpg

サブロン広場の一角にて。
[PR]
by skyblue_2 | 2004-12-08 04:23 | 街角にて

アーヘンのクリスマス・マーケット

クリスマス・マーケット第一弾は、ベルギー国境に程近いドイツのアーヘンに行ってみました。
a0010481_283267.jpg

ずらりと並んだ木の小屋には、いろいろな素材のクリスマスの飾りやおもちゃ、サンタの帽子(欲しかったけれど被った自分を考えると、、)、おいしそうなソーセージ・・・。
a0010481_2332366.jpg

ドイツらしく木製のものはやはり素敵で、私はハンドメイドのツリー飾りをいくつか選びました。

友人はニュルンベルクのマーケットで、陶器のブーツにはいったグリューワイン(スパイス入りホットワイン)を味わってきたとのことでした。ベルギーには温めて飲むクリスマス・ビールがあるらしいのですが、さていったい・・・?

「クリスマス・マーケットに行けば、この<善意の季節>に準備万端の自分を実感する」(ブラッセルのタウン誌Bulletin)そんなこちらの季節感が、マーケットの人の波から伝わってくるようでした。
[PR]
by skyblue_2 | 2004-12-08 03:23 | 観光あちこち記

洋楽でクリスマス

【8089人気投票】 いよいよ大詰め!

↑こんな企画をみつけました。
クリスマスに聴きたい80年代の洋楽の投票です。

コミュニティFMでおしゃべりしていたときに洋楽のいい曲にはたくさん出会いましたが、クリスマス特集を組んだオンエア以来、クリスマス・ソングは私の定番になっています。どの曲も甲乙つけがたいのですが、大好きなBEATLESつながりということではポール・マッカートニーの「ワンダフル・クリスマスタイム」がマイベスト!79年11月リリースですが。

バンドエイドのあの曲か、はたまた「ラスト・クリスマス」か・・
投票の結果がたのしみです。
[PR]
by skyblue_2 | 2004-12-03 22:51 | 音楽レコメンド

ツリーのナゾ

a0010481_16274346.jpg

ちょっとわかりにくいのですが、ツリー・スタンドがいろいろ。幹の太さに合わせて大小があって、三方からボルトでツリーを固定するようになっています。

ツリーに使った生木は回収していってくれるらしいので飾ってみたいとも思うのですが、数週間枯れないようにするにはいったいどうすれば・・・?このスタンドに水を入れておくのかしら??

今日からブラッセルのクリスマス・マーケットが始まります。
[PR]
by skyblue_2 | 2004-12-03 21:10 | 街角にて

ナウルの本、発売!

以前にお知らせしたナウル共和国の本がいよいよ出ます。

著者、適宜更新さん(でいいのかしら?!)による告知はココ!

12月22日発売、タイトルは「アホウドリの糞(ふん)でできた国 ナウル共和国物語」

ナウルという国が妙に気になる私は早く読んでみたい・・・
イラスト・装丁の寄藤さんって、あの懐かしいようなとぼけたような「大人たばこ養成講座」を描いている方ですね。こちらもたのしみです。
[PR]
by skyblue_2 | 2004-12-02 18:08 | デイリーライフ

額縁の注文

a0010481_15465929.jpg

証券取引所の近く、Anspach通りに面したところにあるCAPITAL CORNERというお店です。ここで、額縁をたのんでみました。

広い店内に、絵やポスター、大小様々の額や写真立てが陳列されています。↑写真奥に見えるのは額縁の見本で、持っていった複製画に合わせてお店の人がいくつか見立ててくれて、気に入ったもので額装してもらうことになりました。

家庭で絵を飾ることがさかんなこちらでは、バーゲンの時にまとめて額縁を作ることも多いそうです。お店も、看板も出ていないようなアンティークもの専門店とか郊外の大きな画材店など、いろいろあるとのこと。

受け取りは数週間後ですが、気軽にこういうことができるのはうれしい!お値段も想像していたよりはかかりませんでした。
[PR]
by skyblue_2 | 2004-12-02 16:58 | 街角にて