カテゴリ:デイリーライフ( 143 )

札幌オフ

今回の札幌滞在中、リンクいただいているcafe de violeのchocolatさんと二人きりのオフ会を実現。うふ。
札幌オフ会。

chocolatさんはお着物でいらしてくださって、シックで凛とした着こなしがとてもすてきでした。ぜひお着物でガンバを弾いて!なんて、つい無理なことを言ってしまったくらい。

コンサートホール・キタラのお昼のコンサートをご一緒したのですが、あの盛況ぶりには正直なところ驚きました。ホール専属オルガニストの演奏をワンコイン500円で聴くことができるとはいえ、足元不如意な冬のサッポロで、決して万人受けするとはいえないであろうオルガンで、大ホールが満席とは。
chocolatさんの記事はこちら。コンサート雑感 2.

ベルギー生まれのオルガニストのシンディ・カスティーヨさん。懐かしいベルギーっ娘の笑顔で、日本語を交えながら曲の解説をしてくれて、アンコールは、フランスの友人が送ってきてくれたという、バッハのカンタータをオルガン用に編曲したもの。なかなかの佳曲で、私は不覚にも涙ぐんでしまったのでした。

それにしても、ブログから飛び出して、いつの間にか旧知のようにお話できるというのはうれしいものです。貴重なひとときに感謝!

a0010481_23531890.jpg

[PR]
by skyblue_2 | 2009-02-20 23:54 | デイリーライフ

ミルクをきらしてマナーを考えた

ショコ・レにトライしてみようと思い冷蔵庫を開けたら…牛乳がちょっぴりしかなーい!そういえば朝のシリアルに使ったっけ、、しかたなく、コーヒー。ミルク、砂糖なしで。

積んである新聞に目がいって、というかイヤでも視界にはいる量なわけですがソレはさておき、昨日の日経新聞の「春秋」は、携帯電話の害についてでした。落語の最中に携帯が鳴るのを聞かされたという筆者が、噺家の言葉の引用で「なんなら二つ折りのを開けた後、力を足してもう少し開いてみてくださいな。ベキッと言って黙るんで」顔で笑って心で激怒してますね、噺家さんも筆者も。

私は今まで、コンサートでこういった迷惑を被った経験がありません。最近、ホールによっては自動的に圏外になる構造のところもありますよね。
コンサートのマナーを考えるとき、<我何を目的に此処へ来たる哉?>が全てだと思うのです。聴きに来た音楽以外の音は要らない。これに尽きます。そのために何かしら心がけるわけですが、最近演奏中気になるのが、アメの包みを開く時のがさがさごそごそ。たぶん咳が出かかってなんとか止めたくて、慌ててアメを取り出すのだと思いますが、どうも本末転倒ではという気がします。生理現象の咳は仕方ない派の私なので、がさごそさせるよりスッキリ咳しちゃってくださいまし~、と叫びたい。(そしてたいていこっちまで咳が出そうになるのはなぜ?!)

a0010481_18261310.jpg
ゲント(たしか、、)のコンサートホール。
[PR]
by skyblue_2 | 2009-02-03 18:30 | デイリーライフ

ジャケ買いのススメ

12月には東京でフェルメール展、先日は名古屋でモネ展を観たけれど、印象が薄い気がするのは何故か。気持ちがせわしないと、眼から心へストンと落ちていかない。という言い訳もできる。大勢の人で観光名所化するのも仕方がないと思う。日本の光の質感の違いを持ち出せるほど、当方目が肥えてはいない。…
たまたま感覚が向かっていかなかっただけ。そう考えると、自分が瞬間を生きていない気がして口惜しくなる。

瞬間を大事にしていくのは、表面だけサクサクかすめて過ぎるのとは違うこと。でも、見た目とか感じなんていう上っ面も、何かのきっかけになることがあると思っている。

そういうわけで、ジャケ買い。(強引)
レコードやCD、本だって時には見た目重視が効を奏する。意外にも中身にがっかりすることがあまりない。同じ演奏者で曲目で迷って、ピンとくるジャケットのほうを買っちゃうこともある。図書館でついついたくさん借りるときも、表紙だの判型だのでジャケ借り。

パッケージが愛着仕様だとなんとなくお気に入りになるって、暗示にかかってるようなもんじゃない、とは考えない考えない。

a0010481_13185276.jpg
[PR]
by skyblue_2 | 2009-01-28 13:19 | デイリーライフ

遅ればせながら

a0010481_2338476.jpg

大寒も過ぎて、オバマ氏も無事就任式終了で、、モウ1月も下旬なのですねえぇ。まだまだ新年始まったばかりさっ、と相も変わらず。いいのか人生これで(泣)今年もどうぞよろしくお願い致します。
年を経る(とる、じゃないのがミソね)と頭も体も柔軟性に欠けてくるのに、身辺の変化はそれなりに容赦なくチャレンジを突きつけてくるようです。いま、遠距離介護風味・近距離介護添え、という食べ応えのあるメインディッシュと格闘を始めている私ですが、味わう余裕がなければ結局誰も幸せになれない、なんてことを思ったりします。消化不良の毎日ではあるのですが。。
久しぶりに弾いたチェンバロは、やさしくて少し悲しい音がしました。
[PR]
by skyblue_2 | 2009-01-21 23:38 | デイリーライフ

おーい

ああ、、まったくほんとに12月のこの時期にこんなもっさりした精神状態でよいわけがなく、そうしていたいわけでもなく。まるで、よく見る走りたいのに体が動かない夢、といっしょ。昨日はプリンターのCMに八つ当たりして、郵便局でもないのに賀状賀状言わないでよう、焦るじゃないのよう。。(テレビに喋ってるひまに書いてよう<自分)

誰かこんな私に風船つけて飛ばしちゃってください。BGMはスカルラッティあたりで。

a0010481_19345861.jpg

12月のマルコリーニ界隈で、灯火が夕闇を際立たせると知った頃。
[PR]
by skyblue_2 | 2008-12-17 20:21 | デイリーライフ

夕暮れに読みたい本

身内に必要がありまたまた暫し札幌に行って、冬のブラッセルと同類の大気の香りや感触を懐かしく抱きしめてきました。私には、雪も香る気がしますが、たいてい首をかしげられてしまいます。
a0010481_17282314.jpg

気持ちに余裕がないと、移動に持っていく本の頁も何行か印象に残ればいいほう。筑摩の文庫で五巻出ている森有正氏のエッセー集も、バッグに入れる頻度の割にはなかなか肝心の名文「遥かなノートル・ダム」にたどり着きません。グランプラスのカフェでは、建物や人の姿に気をとられて、やっぱり読めなかったけれど。

この本の日記部分には、オルガンも弾かれた氏が、練習で苦心されたところとか演奏の喜びについて書いてあるところが思いがけずたくさんあります。思索家として当然のことながら、バッハを弾く事、或いはパイプオルガンという楽器からみずみずしく展開されてゆく思想の言葉に、心を動かされます。率直な、飾り気のない暖かさ…。
[PR]
by skyblue_2 | 2008-11-27 18:49 | デイリーライフ

紙せっけん「初雪」

今月は、訳あって飛行機に乗ったり降りたり。そうやって自分が動いていられることが有難いとも思うのですが、いつのまにかのストレスをなんとかしていく知恵が、いつも足りないままです。

そんな中、札幌でみつけた紙せっけんに、ほっこりしました。Gホテルのベーカリーでパンを買いレジのところで発見~
a0010481_13314367.jpg

雪の結晶のかたちが手のひらですうっと消えて、豊かな泡に変わります。

小さい頃、ちょっとうれしい駄菓子屋さんでの買い物は、気をつけないとパリンと割れてしまうカラフルな紙せっけんでしたが、こちらはぐっと大人の風情です。<札幌>を伝える商品の企画コンペから生まれた製品とのことで、パッケージにもほっこり。HP[札幌スタイル]で見られます。
[PR]
by skyblue_2 | 2008-10-28 14:38 | デイリーライフ

ポプラ

a0010481_1558962.jpg

'04年の春、ベルギー生活を始めるためパリの空港からブラッセル目指して車中の人だったときに、高速道路沿いに何本もポプラを見つけて、それまでの緊張が一気にほどけたことを今でもよく思い出します。ポプラは、生まれ育った北海道で見慣れてきた樹。時々急性の歯痛の如くどうしようもなく、ポプラを眺めたくなります。
[PR]
by skyblue_2 | 2008-09-19 16:51 | デイリーライフ

モネ

先日名古屋ボストン美術館でモネを観て、帰国間際の06/11月、オランジュリーでモネ浸けになった至福の一日を思い出していました。私はモネの観かたがわからなくなる時があって、大方コローラヴ!だったりするのです。でも、あの新装なった光溢れるオランジュリーの一室で、「睡蓮」の連作にぐるりと囲まれた感覚…。
a0010481_19402086.jpg
一枚の絵を前にして、その画家の眼になることができるわけもありません。それでも描かれた彼の世界へ引き込まれるようにして、花びらの輪郭も池の反射も私の心がじかに触れているようでした。

a0010481_20231458.jpg
ドライバー泣かせの凱旋門のロータリーも、体験しておけばよかったかな。オランジュリーの帰途、助手席にて。
[PR]
by skyblue_2 | 2008-08-22 20:30 | デイリーライフ

忘れたくないのに

NHK・BSでブラッセルの旅番組を観ました。グランプラスが映って、石畳一枚さえいとしいぃという気分になったかと思えば、えっ…こんな通りがあったの?行っとけばよかった(絶句)という感じで、若干二名、騒々しく画面にはりついていました。

で、なつかしつながりでPCのベルギー写真をポチポチしていて、ちょっと愕然。いったいこれどんな味だったっけというお皿の数がハンパじゃない。
たとえば少々塩が効いたレストランでいただいたはずのこれは、写真の順番からみると前菜でもスープでもないのですが。
a0010481_19155851.jpg
この黄色い球体はなにもの??すっかり記憶のかなたです。
赤いつぶつぶのほうは…ケーキやデザートにもよく添えられていた、酸っぱくてちっちゃなベリーかなあ。
偶然今日、スーパーでみつけた!と思いきや残念、こちらは新種のトマトだそうです。さくらんぼと並べてみました。プチプチプチトマト。
a0010481_2012994.jpg

[PR]
by skyblue_2 | 2008-06-27 20:20 | デイリーライフ