イギリス組曲

CDのオビが気になるほうで、これも以前にオビ買い。
「フェルツマンの演奏を聴くと、心が静かにざわめきはじめる。」

バッハ:イギリス組曲

フェルツマン(ウラディーミル) / カメラータ・トウキョウ


透明感とか精緻な奥行きとか、イギリス組曲が感じさせてくれる魅力を十二分に受け止める先に、なにかひたひた広がってゆく明るいものがあるのです。ざわめき。あてのない予感。
今日は朝、いつも行く公園を歩いてから聴いて、今頃のまだ冷たくない秋の風に似ているなと。
それにしても、バッハの音の流れはどうしてこうまで美しいのか…!

a0010481_16535968.jpg

[PR]
by skyblue_2 | 2009-10-23 17:10 | 音楽レコメンド
<< プレヴィンでモーツァルト ほっちゃれ >>