フラワーカーペット

a0010481_0471684.jpg

バカンスから帰った翌日、老体にムチうって元気が有り余っていたので、二年に一度の催し「フラワーカーペット」を見にでかけました。

朝方の一時間だけ市庁舎の二階から眺められる、と聞いていたので長蛇の列を覚悟して行ったのですが、拍子抜けするほど人が少なく、ゆっくりじっくり見物することができました。
写真は市庁舎からのもの。
(友人によると、夜も市庁舎にはいることができたようです。)
追記:さらに友人によると、日中もOKだったとのこと。朝もハヨから出かけた私って・・・

今年の図案は、アールヌーボーがテーマ。アールヌーボー建築の創始者ビクトール・オルタからヒントを得てということのようです。
ブラッセルのオルタ邸(美術館)にはまだ行ったことがないのですが。

使われているのは、花びらの部分だけ。ベゴニアの一種とのことですが、色が鮮やかで大きいせいか近くで見るより遠景のほうがきれいに感じました。
それにしてもどうやって固定しているのか、、

後半、写真左手にみえるカフェの二階の窓ぎわの席から、クロワッサンとカフェオレのpetit-dejeuner(朝食)をとりながらの優雅な観覧となりました。

追記:こちらにオランダ・ハーレムでの過去の準備風景をみつけました↓
フラワーカーペット ブリュッセル&ハーレム
[PR]
by skyblue_2 | 2004-08-18 01:21 | 街角にて
<< ゲント、知っていますか 北欧の夏3 >>