タッチひとつで変わってしまう

a0010481_9381955.jpg
チェンバロの戸崎廣乃先生の「アルマンド」。フローベルガーやラモーなど各国のアルマンド(ドイツ起源の舞曲)を中心に演奏されています。
昨日のレッスンでは、あらためてチェンバロの音作りの難しさを知りました。優美で典雅なチェンバロの響きには繊細さも力強さも両方隠されている気がして、その奥行きに惹きつけられるのですが、そういう音に億分の一でも近づけたら…。
[PR]
by skyblue_2 | 2008-05-08 12:17 | 音楽レコメンド
<< 薔薇 リフレーッシュ! >>