きっと忘れない

たいへんご無沙汰してしまいました!また少しずつ更新していきたいと思います。

十月の終わりに引越の第一便を出して、わざわざ除けておいたはずのクリスマスツリーが部屋の隅に置かれたまま、季節はもうアドベント半ば。めまぐるしく毎日が過ぎていきます。まるでここぞとばかりに、たくさんの偶然と驚き、そして喜びと哀しみに囲まれて…
それをただ受け止めるのに精一杯で、たぶん私にとっては一生忘れがたいものになりそうな2006年の冬です。

帰国していつかある日、ふとブラッセルの風を頬に感じたとき、そこから私の二年八ヶ月の追体験が始まる気がします。あるものはデフォルメされ、あるものは記憶のかなたへ去り、そんなふうにここでの日々がいつのまにか自分の中に同化されていくのでしょう。

a0010481_2335653.jpg

高速道路から見る景色さえも、過ぎてゆく刻のかたみ。こんな光景を<天使の梯子>と呼ぶとおしえてくれた人がいました。
[PR]
by skyblue_2 | 2006-12-15 02:42 | デイリーライフ
<< 楽しいクリスマスを ミニオフ会 >>