国旗を飾る日

a0010481_1930.jpg
昨日の日曜は、連合国軍によるノルマンディー上陸六十周年の日。
ドイツの首相がフランスでの式典で演説したことなど、こちらでは盛んにニュースとなっていたが、ベルギーも、ドイツの占領から1944年9月に解放された。

写真は、お向かいにある高齢者専用マンション。
中ほどのベランダに、ベルギー国旗が宴のあとといった感じで揺れている。昨日は、このマンションのあちこちのベランダにたくさんの国旗が飾られていた。
老人の中にはドイツの同盟国だった日本を嫌う人もいるというが。
解放された者の喜び、戦責を問い直し続けるドイツ、そして日本は、などと旗を眺めながらあれこれ考えている。

昨日といえば、フランスに初上陸?!してみた。
とはいっても、高速道路の標識で「パリ」の方向へ50分ほどはしって、ベルギーとフランスの国境を通過してすぐの場所まで往復しただけだが。国境はあっけなかった。日本でいえば料金所のようなところが見えてきたので、ごそごそパスポートとIDカードを取り出そうとしているうちに、一人で外に立っていた警官と接近遭遇して、目が合って、、、おしまい。EU圏はどこでもあんなふうにノーチェックなのだろうか?日本の飲酒検問のほうがよほど緊張する・・・。
[PR]
by skyblue_2 | 2004-06-08 01:10 | 街角にて
<< あなたのお国は? お城でごはん >>