雨、霜、雹・・・

それは先週の金曜日の午後、いつものにわか雨くらいに思っていた雨がみるみる激しくなり、音の大きさに外をよく見れば雹(ひょう)混じり!しばらくの間、まるで矢が降り注いでいるみたいな雨脚を呆気にとられながら眺めていました。夕方、-1階(地下1階)の集合ガレージにあるごみステーションへ階段で下りていこうとして、0階(日本の1階)からさらに降りきったところでくるぶしくらいまで浸水中。エレベーターには誰かの手書きで「使えません!」の貼り紙が。こちらではガレージが地下にあって道路とスロープでつながっている場合を多く見かけますが、「水は低きに下る」原理であっというまに水浸しになってしまうようです。ご近所の一軒家でも、荷物を運び出し水を掻い出すという作業に追われていました。






我が家の備え付け冷蔵庫は、こちらのほとんどの例にもれず「手動」霜取り!吹き付け式の溶剤もあるらしいのですが、今回少しばかりのほほんとし過ぎた報いで、ほとんど氷壁vs.ピッケルみたいなことに相成りました。人生も冷蔵庫もコツコツ地道に。ハンセイ。
[PR]
by skyblue_2 | 2006-08-01 00:33 | デイリーライフ
<< 夏の旅-英国1 パリ・オペラ座 >>