訊くは一時の恥、訊かぬは・・・

タイトルのような格言があったかと思いますが、こういうのはたいてい真理なことが多いようで。母や祖母がよく言っていた「元気は出すもの出せるもの」なんていうのもあります。
とにかく!海外ではマメに訊く、聞く、聴く・・・これが大事と思うこのごろ。言葉の問題は、知りたいという切羽詰った欲求と熱意でなんとかクリアできるものかもしれません。

先日のお昼どき、魚料理がおいしいレストランの集まっているSt Catherine教会界隈のLe Loup Galantというお店にはいりました。メニューで目に入ったのが、「ブイヤベース」とエトセトラのコース。deux services(2サービス)とか書いてあるしスープと何かというランチよね、たぶん、と一人合点して、
a0010481_2505874.jpg
まずはブイヤベース。おさかながしっかり食べられてなかなか美味。
さて、メインはなにかしら?
a0010481_2541078.jpg

・・・・・えっと、スープはもういただきました。よね??

勘違いのタネは読み流していたen deux servicesにありました。これは「二品」ではなくて、ブイヤベースを二度サーブしますということなのでした。ほかに揚げたバゲットのオランデーズソースつきという、結果的にけっこうお腹いっぱいのランチ。これはこれでもちろんナイス。

ただ、、、ワインも付いて水もたのんで、ブイヤベースのお皿は大きかったし、で、なんとなく液体化した気分で重たーく帰途に。ふうぅ。
[PR]
by skyblue_2 | 2006-04-01 03:42 | デイリーライフ
<< クイケン お花をアレンジ >>