夢にむかう

先日、オルガンを教えていただいている国分桃代先生をかこんで数人が集まる機会がありました。ベルギーの地で音楽を共通項に出会いがあることも嬉しかったのですが、なにより、みなさんの<音楽魂>のようなものに刺激を受けた気がします。

ヴィオラ・ダ・ガンバ製作者の御夫君とともにブラッセル近郊に工房をひらいていらっしゃるガンバ奏者の方とも知り合いになりました。工房のサイトはこちら、楽器の写真を見ているだけで、材料の木の選定から始まるというこだわりのプロセスが伝わってくるようです。

もそもそと自分に甘えていてはだめだ・・・。そろそろ日本に帰ってからのことも視野に入れながら、音楽をめぐる夢のようなものをあたためていきたい。そう思いました。

今、ぼんやりとヴィジョンをもっていることがあります。
母校のクラーク会館のオルガンでいつかコンサートがひらけたら・・・
そのためにはまず、もっと練習すること。今年の第一目標です。あたりまえすぎて大声でいうことでもないのですが。
[PR]
by skyblue_2 | 2006-01-10 21:29 | パイプオルガンはいかが
<< ミニコンサート baba >>