大野さんといえば

credenzaさんモネ劇場日本ツアーによると、指揮者の大野さんはピアノもなかなかでいらっしゃるとのこと。指揮者←ピアノ、といえば「のだめ」の千秋・・・はおいといて、モネのお昼のコンサートでも、彼のピアノが聴けます。12/16(金)12:30~

ダニエル・バレンボイムは、ピアニストとして出発して指揮でも活躍している人ですが、私は以前観たこの映画でかなり印象が悪くなってしまいました。難病で苦しむ天才チェリストの妻に、もっと違った接し方ができなかったものなのか、、、でもこの頃のお気に入りは、どういうわけかバレンボイムのショパン・ノクターン。なにかしていても思わず手をとめて座り込んでしまうような、そんな惹き込まれ方をします。一月にはブラッセルで彼のバッハ「平均律」が聴けるらしく、行こうか迷ってますが。
芸術と人生って、切り離してみるべきモノなんでしょうか。。。

十二月に入っていよいよアドベント(待降節)。キャンドルをひとつ、灯してみました。
a0010481_7121855.jpg

[PR]
by skyblue_2 | 2005-12-02 07:12 | 音楽レコメンド
<< 宗教画ツアー ラッススの詩篇歌 >>