中国の事態に思うこと

反日デモ
愛読しているブログ、作家の田口ランディさんのアメーバ的日常よりTB。

中国の武大偉(ウー・ターウェイ)外務次官は18日、記者団に対し、一連の反日デモについて「原因は日本政府が正確に歴史問題に向き合っていないことだ。もし謝るのなら先に日本が中国に謝るべきだ。現在の中日関係の困難な局面は、日本側が作ったものであり、中国側は何ら日本に謝る必要はない」と語った。(アサヒ・コム4/18)

この記事に憤慨している私は、中国政府が自分たちに向けられるかもしれない矛先をそらすために反日デモをなかば容認しているのかもしれない、というランディさんの見方にうなづけるものがある。むしろ、そういう政治的な思惑があってほしいという気持ちだ。

そうでなければ、自国に住む外国人の被害という「今そこにある危機」を差し置いて、’そもそも論’的な理屈を持ち出す中国政府には驚かざるをえないし、国際法上も十分問題があるだろう。

今回のことはいわば明日は我が身で、まっさきに影響を被る駐在者にとっては、寄留先の国家にソッポをむかれたのではどうしようもないことになる。不安と混乱のなかでは、歴史認識も戦争責任も冷静に理解することはますます難しくなるばかりだ。

中国政府には、まず、自国民によって被害を受けた人間がいることと向き合ってほしいと思う。

私は、日本の歴史認識に問題がないとは全く思っていない。
教科書の問題にしても、憲法改正の論調からも、「戦争を経た国の言葉」を感じ取ることができないでいる。

だからこそ、中国の持つわだかまりが日中の新たな争いや怨恨の火種になっては、ますます二国の間柄は遠のくだけではないかと思うのだが。
[PR]
by skyblue_2 | 2005-04-19 03:46 | デイリーライフ
<< 「オランダの光」 ゲント・フロラリア1 >>