ウィスペルウェイの無伴奏チェロ

J.S.バッハ : 無伴奏チェロ組曲 (全曲) (J.S. Bach : 6 Suites For Cello Solo / Pieter Wispelwey) (2CD+bonus DVD) [輸入盤]

ピーター・ウィスペルウェイ / EVIL PENGUIN RECORDS



バッハのこの曲を誰の演奏で聴くか。結構あなどれない問題だと思う。
ツイで、深く感動したという評をみつけて、さっそくポチして。いま、CD二枚目なかばで、すでに私の耳は満たされている。

オランダの人ということを知ったあとでは、なるほどと思わせる音だけれど、そういうあてはめがジャマをすることも多いわけで、考えてみると虚心坦懐に音楽を聴くことほど難しい芸当もないかもしれない。

今私が聞きとっているのは、チェロで紡ぐバッハの声のよう。それは、何かを伝えようとする物語というより、ひそやかな一人の祈りの言葉のようだ。
[PR]
by skyblue_2 | 2012-09-21 17:50 | 音楽レコメンド
<< イヴァン・パドゥア 「ヤコブへの手紙」(メモ) >>